1. トップページ
  2. 水道事業のご紹介
  3. 水道事業の概要
  4. 水道事業ガイドライン

水道事業の概要

水道事業ガイドライン

登録日:2021年11月01日

水道事業ガイドライン
水道事業ガイドラインは、平成17年1月、全国の水道事業者を対象として日本水道協会規格(JWWA Q 100:2005 以下「旧規格」という。)として制定されました。その後、水道事業を取り巻く環境の変化等を受けて、平成28年3月に規格が改正されました。(JWWA Q 100:2016 以下「新規格」という。)
ガイドラインには、業務指標(Performance Indicator)が設定されており、水道事業の施設能力、顧客対応能力、経営状況など、水道事業全般にわたる内容が数値化されますので、客観的な分析が可能となります。
算定結果は、サービス水準の向上や経営の効率化、目標値の設定等に利用されます。また、経年比較や、類似事業体との比較による現状分析や課題の抽出、評価にも活用できます。

業務指標(新規格 119項目)
A)安全で良質な水(17項目)   
  運営管理
    1)水質管理(9項目)
    2)施設管理(5項目)
    3)事故災害対策(2項目)
  施設整備
    4)施設更新(1項目)
B)安定した水の供給(57項目)
  運営管理
    1)施設管理(17項目)
    2)事故災害対策(11項目)
    3)環境対策(6項目)
  施設整備
    4)施設管理(2項目)
    5)施設更新(5項目)
    6)事故災害対策(16項目)
C)健全な事業経営(45項目)
  財務
    1)健全経営(27項目)
  組織・人材
    2)人材育成(7項目)
    3)業務委託(2項目)
  お客様とのコミュニケーション 
    4)情報提供(3項目)
    5)意見収集(6項目)

算定結果(新規格)
奈良市企業局では、平成29年度から新規格による業務指標の算定に移行しました。
また、平成29年度から、奈良市水道事業、都祁水道事業、月ヶ瀬簡易水道事業の3会計が統合となり、業務指標の算定においても財政面等の一部の指標に3会計統合数値を採用しております。
PDF平成29年度~令和2年度 【0.448MB】
PDF業務指標及び算定用資料(H29~R2) 【0.104MB】




【オープンデータ利用条件】



・このページに掲載されているデータは一部を除いて、クリエイティブ・コモンズ表示2.1日本ライセンスhttps://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/(外部サイトが開きます)の下に提供されています。除外されるデータの詳細は別欄をご覧ください。
・このページに掲載されているオープンデータをご利用の際には、利用規約に従っていただきますようお願いします。利用規約についての詳細は、奈良市企業局オープンデータカタログ【トップ】https://www.h2o.nara.nara.jp/introduce_507.htmlをご覧ください。

このページについてのお問合せは

奈良市企業局 経営企画課

前のページへ戻る